風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう!

NHK大河ドラマ 風林火山 第42回 「軍師と軍神」 10月21日放送 あらすじ

NHK大河ドラマ「風林火山」のこと、いろいろと書き連ねています。

サイトマップ

風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう! > スポンサー広告 > NHK大河ドラマ 風林火山 第42回 「軍師と軍神」 10月21日放送 あらすじ風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう! > 風林火山の放送日程など。 > NHK大河ドラマ 風林火山 第42回 「軍師と軍神」 10月21日放送 あらすじ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ[ スポンサー広告記事編集

このページの先頭へ | 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう!のトップページへ


NHK大河ドラマ 風林火山 第42回 「軍師と軍神」 10月21日放送 あらすじ

  由布姫の死は山本勘助内野聖陽)の心に深い傷を残した。そして最後に言い残した「嫁を取り、跡継ぎをつくるのです」という言葉が重く響いていた。迷いを振り切るため武田晴信市川亀治郎)に置手紙を残し、山本勘助は旅に出た。  一方、長尾景虎Gackt:ガクト)の下で統一された越後では、長く戦乱が続いた名残りで豪族同士の領地争いが絶え間なかった。いがみ合う家臣たちに失望し、長尾景虎は突如出奔してしまう。  山本勘助が向かったのは霊場・高野山。若き山本勘助が守り神である摩利支天を授かった地であった。かつて教えを受けた高僧・清胤(佐藤慶)と旧交を温めていた山本勘助は意外な人物に出会う。  越後を出奔した長尾景虎だった。何故、長尾景虎がここにいるのか、探る山本勘助を刺客と思い込んだ長尾景虎は護身用の仕込み杖で襲い掛かる。応戦する山本勘助。清胤の一喝でようやく二人は矛を収める。直江(西岡徳馬)ら家臣団が長尾景虎を見つけ出し、越後に戻るよう懇願した。武田の誘いに乗った重臣・大熊(大橋吾郎)が謀反を起こしたと知った長尾景虎の胸には武田への闘志が燃え上がった。  山本勘助の迷いもいつしか消えていた。由布姫の遺言に対して出した山本勘助の答えとは・・・。
http://www.nhk.or.jp/taiga/story/story42.html
スポンサーサイト

カテゴリ[ 風林火山の放送日程など。記事編集

このページの先頭へ | 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう!のトップページへ


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


カテゴリー

未分類  風林火山のあらすじ。  風林火山のニュース。  風林火山について。  風林火山の出演者。  風林火山の放送日程など。  風林火山の出版書籍。  風林火山のサウンドトラック  

■ブログ内検索■

■最近のトラックバック■

■ブロとも申請フォーム■

この人とブロともになる

■リンク■

ブログランキング

人気blogランキングへ

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

  Copyright © 2017 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう! All rights reserved.

Powered by FC2 .Designed by アフリエイト初心者の悩み解決。

FC2Ad

|

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。