風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう!

NHK大河ドラマ 風林火山 第27回 「最強の敵」 7月8日放送 あらすじ

NHK大河ドラマ「風林火山」のこと、いろいろと書き連ねています。

サイトマップ

風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう! > スポンサー広告 > NHK大河ドラマ 風林火山 第27回 「最強の敵」 7月8日放送 あらすじ 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう! > 風林火山の放送日程など。 > NHK大河ドラマ 風林火山 第27回 「最強の敵」 7月8日放送 あらすじ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ[ スポンサー広告記事編集

このページの先頭へ | 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう!のトップページへ


NHK大河ドラマ 風林火山 第27回 「最強の敵」 7月8日放送 あらすじ

 志賀城を強引に攻め落とした武田晴信市川亀治郎)は重臣を集め、いよいよ村上義清永島敏行)と戦うことを宣言する。山本勘助内野聖陽)は暗に諌めるが武田晴信にその言葉はもはや届かない。敢えて負けを味わわせることで武田晴信の眼を覚まさせようとするかの山本勘助の態度に甘利虎泰竜雷太)は怒りを露わにし、どのような手を使っても勝つと言い放つ。合戦が続くことに領内からも不満が高まり、このまま信濃最強の村上義清と戦うことに板垣信方千葉真一)は不安を覚える。  一方、村上義清方の間者となって甲斐に潜入していた平蔵(佐藤隆太)は武田出陣の情報を持って信濃に向かう途上で何者かに捕らえられる。平蔵を泳がせて監視していた真田幸隆佐々木蔵之介)や相木(近藤芳正)は捕らえた者が甘利虎泰の家臣と知り、疑念を募らせる。  その甘利虎泰が突如、信濃に姿を現し、村上義清に面談を求めた。それは、きたる合戦で何としても勝利を得たい甘利虎泰の捨て身の秘策だった。  年が明けて天文17年(1548)、武田晴信はついに出陣の下知を下す。武田晴信が負けを恐れるが故に戦にのめりこむと見抜いた板垣信方は自信を持てと涙ながらに訴えかける。それは山本勘助には死を決意した板垣信方の遺言に思えてならなかった。
http://www.nhk.or.jp/taiga/story/story27.html
スポンサーサイト

カテゴリ[ 風林火山の放送日程など。記事編集

このページの先頭へ | 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう!のトップページへ


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


カテゴリー

未分類  風林火山のあらすじ。  風林火山のニュース。  風林火山について。  風林火山の出演者。  風林火山の放送日程など。  風林火山の出版書籍。  風林火山のサウンドトラック  

■ブログ内検索■

■最近のトラックバック■

■ブロとも申請フォーム■

この人とブロともになる

■リンク■

ブログランキング

人気blogランキングへ

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

  Copyright © 2017 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう! All rights reserved.

Powered by FC2 .Designed by アフリエイト初心者の悩み解決。

FC2Ad

|

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。