風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう!

NHK大河ドラマ 風林火山 第18回 「生か死か」 5月6日放送 あらすじ

NHK大河ドラマ「風林火山」のこと、いろいろと書き連ねています。

サイトマップ

風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう! > スポンサー広告 > NHK大河ドラマ 風林火山 第18回 「生か死か」 5月6日放送 あらすじ 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう! > 風林火山の放送日程など。 > NHK大河ドラマ 風林火山 第18回 「生か死か」 5月6日放送 あらすじ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ[ スポンサー広告記事編集

このページの先頭へ | 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう!のトップページへ


NHK大河ドラマ 風林火山 第18回 「生か死か」 5月6日放送 あらすじ

 由布姫(柴本幸)は諏訪から甲府に護送された。諏訪郡全土を手に入れた晴信市川亀治郎)は由布姫を側室に迎えることを宣言する。重臣たちは、滅ぼした諏訪家の姫を側室にすれば諏訪の人々の怨みを買うと言って反対するが、勘助内野聖陽)は一人賛成する。『晴信由布姫が結ばれ、二人の間に男子が生まれたら、その子を諏訪の跡継ぎにする。そうすれば諏訪の人々は怨むどころか逆に武田に忠誠を誓う』というのだ。勘助由布姫を説得するが、『仇敵・武田の側室となるくらいなら自害する』と断られてしまう。

 年が代わり、天文12年(1543)正月。晴信の妹であり諏訪家の正室であった禰々(桜井幸子)が兄を恨んだまま、病いで世を去ってしまう。その上、三条夫人池脇千鶴)が生んだ晴信の三男が生まれて早々に命を落とし、度重なる不幸に武田家は暗く沈み込む。

 そんな中、重臣・甘利虎泰竜雷太)は、由布姫が武田への怨みを捨てていないと見て自害を迫るが、駆けつけた勘助由布姫の窮地を救う。さらに三条夫人由布姫のもとを訪れ、厳しい言葉をぶつける。しかし勘助の度重なる説得に次第に由布姫の心は揺らぎ始める。

スポンサーサイト

カテゴリ[ 風林火山の放送日程など。記事編集

このページの先頭へ | 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう!のトップページへ


コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


カテゴリー

未分類  風林火山のあらすじ。  風林火山のニュース。  風林火山について。  風林火山の出演者。  風林火山の放送日程など。  風林火山の出版書籍。  風林火山のサウンドトラック  

■ブログ内検索■

■最近のトラックバック■

■ブロとも申請フォーム■

この人とブロともになる

■リンク■

ブログランキング

人気blogランキングへ

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

  Copyright © 2017 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう! All rights reserved.

Powered by FC2 .Designed by アフリエイト初心者の悩み解決。

FC2Ad

|

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。