風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう!

未分類

NHK大河ドラマ「風林火山」のこと、いろいろと書き連ねています。

サイトマップ

風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう! > 未分類


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ[ スポンサー広告記事編集

このページの先頭へ | 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう!のトップページへ


風林火山(NHK大河ドラマ2007放送)について。

風林火山』(ふうりんかざん)は、2007年(平成19年)に放送される46作目のNHK大河ドラマである。原作井上靖。脚本大森寿美男。主演内野聖陽

原作は、2007年に生誕百周年となる小説家井上靖が1950年代初頭に執筆した同名小説『風林火山』で、井上作品のNHK大河ドラマ化ははじめて。武田信玄(晴信)の伝説的軍師として知られる山本勘助の生涯を描く。織豊時代が描かれた前年の『功名が辻』とは近時代にあたる戦国時代が扱われる作品。原作は勘助の武田家仕官からはじまるが、物語は前半生にあたる放浪時代からスタートし、序盤には山梨県北杜市の葛笠村オープンセットでロケが行われた農民の娘ミツとのエピソードなど、ドラマオリジナルの展開となった。第12回「勘助仕官」より原作部分に入る。勘助が討死したとされる第四次川中島の戦いで完結する。

勘助の人物像は伝説的であるが、隻眼の主人公を題材にしたNHK大河ドラマとしては1987年の独眼竜政宗以来となり、小道具としての眼帯も複数製作された。山国の甲斐では藁製の、海がある駿河では鮑の貝殻を眼帯とするなど細部にまで拘られている。

主演の内野聖陽は1998年『徳川慶喜』以来の2度目の出演にしての主役抜擢。他にも、ヒロイン由布姫に新人の柴本幸、武田信玄に歌舞伎俳優の市川亀治郎上杉謙信にシンガーソングライターのGackt北条氏康に大衆演劇から松井誠と、物語の中心的人物には大河初出演でなおかつテレビドラマでの露出も少ない役者が多数抜擢された。

ホームドラマ路線が多かった近年の大河に比べて、「反戦平和」「サラリーマン社会の縮図化」といった現代の価値観を排除しているのが特色。配役も実力派舞台俳優の内野聖陽など、一般的な知名度よりも演技力を重要視しており、「ドラマや映画の主演級の俳優」「CMでおなじみの人気タレント」があの役を演じる、といった最近のNHK大河ドラマに見られる配役傾向とはかなり異なっている。物語序盤に勘助の恋人ミツを演じた貫地谷しほりなど、各出演者の演技への評価は総じて高い。

裏話として、NHKのラジオ番組で放送された、脚本家らを集めた座談会で、内野聖陽に勘助役を打診したところ、「かっこよすぎないですか?」と尋ね返されたというエピソードがある。

オープニングタイトルは、冒頭部分で風林火山の句「疾きこと風の如く、徐かなること林の如く、侵掠すること火の如く、動かざること山の如し」が内野聖陽によって朗読されている。また、スタッフ・キャストのテロップは、2年連続で横書き表示である。

カテゴリ[ 未分類記事編集

スポンサーサイト

このページの先頭へ | 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう!のトップページへ



カテゴリー

未分類  風林火山のあらすじ。  風林火山のニュース。  風林火山について。  風林火山の出演者。  風林火山の放送日程など。  風林火山の出版書籍。  風林火山のサウンドトラック  

■ブログ内検索■

■最近のトラックバック■

■ブロとも申請フォーム■

この人とブロともになる

■リンク■

ブログランキング

人気blogランキングへ

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策
サイトマップラス
Powered by SEO

  Copyright © 2017 風林火山(NHK大河ドラマ2007)で行こう! All rights reserved.

Powered by FC2 .Designed by アフリエイト初心者の悩み解決。

FC2Ad

|

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。